シンガポールのハーゲンダッツ・フォンダンショコラ : ハーゲンダッツ・マニア
ハーゲンダッツ・マニア

シンガポールのハーゲンダッツ・フォンダンショコラ


シンガポールで、日本にはないハーゲンダッツを食べてみました。「フォンダンショコラ」(Chocolat fundant)です。



パッケージなどを見ると、シンガポールは、香港などと同じ工場からハーゲンダッツが供給されているようです。ただ、バリエーション的には、香港の方が多いかもしれません。(香港のスーパーで、日本にはないハーゲンダッツ)



このフォンダンショコラは、日本のドルチェシリーズで販売されていたフォンダンショコラ(ハーゲンダッツ ドルチェ フォンダンショコラ)とは、かなり違います。







パッケージも、ちょっと独特ですね。

ちなみに、100ml で 5.95 シンガポールドル(387円くらい)なので、結構高いと思います。屋台で、3 シンガポールドルくらいで、チキンライスが食べられますかね。

蓋を開けると...



ほとんど、海外のハーゲンダッツのお約束ですが、スプーンが入っています。

そして、中のシートを取ります。きれいにシートが取れないところも、お約束ですね。



この見た目は、以前ベトナムで食べた「ベルギーチョコレート」のハーゲンダッツに、ちょっと似ています。(ベトナムのハーゲンダッツ ベルギーチョコレート)

ただ、こちらの方が、ちょっと濃い色ですかね。

食べてみますと、かなり口に合います。





中に、とろっとしたチョコが入っていて、少し苦味もあり大人の味です。アイスの部分も、少しふわっとしていて、アイスというよりも、ケーキのスポンジを食べているような、本当にショコラを食べている感じでした。

カップの下ではなく、中に、ところどころスポンジののような柔らかい食感のクッキー(?)が入っていて、それが、ケーキのような食感を作っているのかもしれません。

かなり期間が立っているので、日本のドルチェシリーズ・フォンダンショコラとの比較は難しいのですが、しかし、このアイスは、かなり「あり」だと思います。

クレームブリュレとセットになったパッケージも売っていました。



(2012/04/14)